脳トレふれあい教室

麻雀教室開講

麻雀で脳トレしませんか?

はじめまして。あまじゃん雀拳店長の武藤です。
アミューズメント雀拳で麻雀の講師をさせてもらってます。

ふだん、日常的に頭を使うことって減ってきてないですか?
また、新しい友人と知り合う機会が減ってきてないですか?

麻雀は頭を使いながらコミニケーションをとるアナログゲームです。
麻雀をしている間に知らず知らずのうちに仲良くなってしまう、不思議なゲームなんです。

麻雀ってゲームを全く見たこともない人はほとんどいないのではないのでしょうか?
ただ、ルールが難しいそうでやりたいけど、できないって思ってませんか?

麻雀のルールは誰でも覚えることができます。
難しそうだと思われるかもしれないですが、一つ一つ段階をふんで覚えていけばみんな出来るようになります。

他のゲームより覚えるのが時間がかかるぶん、覚えてからは麻雀というゲームに巡り会えたことに喜びを感じるでしょう。
麻雀でこれからの生活をより楽しいものにしていきましょう。

麻雀を覚えてみたい方、また、麻雀をすることは出来るけれどルールがあいまいな方、
ぜひ1度体験レッスンにお越しください。


麻雀のルールはわかるけど、より強くなりたい方へ。

麻雀は切る牌を選ぶゲームです。
ただ、人によって理由はさまざまで、その理由がわかると麻雀はさらにおもしろいゲームになります。

ちょっと何切るをやってみましょう。

ドラ②
三四四五六八②②④⑤⑥334

何を切りたいですか?
麻雀を覚えたての方は八を切る方が多いと思います。

八の利用価値がないように思えないですか?
この形はリャンメンカンチャンという名前がついています。マンズの受け入れは二五の他に七もあります。

では、この形を知っている人は3を切りたくないですか?
タンヤオとピンフが確定するので、どこが入ってもマンガンのテンパイになります。
でもやっぱり八切る人の方が多数派かもしれません。

僕も八を切りそうです。七の受け入れよりも、②3のポンしてテンパイを優先します。
さらに、実際は他の人の捨牌、挙動で打牌は変わります。

この何切る問題は回答は二種類しかないですが、考え方はさまざまで、それを状況によって使い分けれると麻雀はまた新しい楽しいステージにあがれると思います。

アミューズメント雀拳では、リーグ戦と勉強会を開いています。
色々な方と知り合い意見を交換し、麻雀のスキルをあげてみないですか?

皆様のご参加をお待ちしております。

リンク

  • 古川孝次の麻雀Q&A
  • 長内真実プロ雀挙出勤中!
  • 雀拳スタッフ格闘記
  • 日本プロ麻雀連盟佐藤あいり公式ブログ